SPF 高い 肌荒れ

SPFが高い日焼け止めは肌への負担も強い

日焼け止め(UVケア)クリームやジェルなどの紫外線対策用の化粧品にはSPFとPAという表記がされていますよね。SPFが高いほど肌を紫外線から守る効果が強いと言われています。PAは+の数で表され、+の数の最高値は4つです。

 

さて、SPF値は50が最高で、外出前に一度塗っておけば長い時間、紫外線の脅威から肌を守ってくれます。一見良いことのように思えますが、実はSPFの数値が高い日焼け止めには肌への負担が懸念されている成分が含まれています。それが紫外線吸収剤や石油系の成分。

 

紫外線吸収剤は屋外に降り注いでいる紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化して放出する化学反応を利用することで、紫外線が肌の奥へ浸透してしまうのを防いでいます。紫外線の脅威から肌を守る効果は非常に高いのですが、この化学反応は肌への負担が強いことから、肌が弱い方は肌荒れを起こしてしまうことが多いわけです。

 

PA値は紫外線Aに対する予防効果を示すスコアです。++++という表記が最高のランクとなりますが、参考までに紹介しておくと・・・

 

PA+は効果がある
PA++は効果が高い
PA+++は非常に効果が高い

 

というように定義されているようです。
なので、PAの数が2つもあれば十分日焼け止めの効果として紫外線対策ができるということです。最近は+の数が4つのものがあれば完全に紫外線対策ができる・・・、とされていますが、敏感肌の方が使う場合は肌荒れのほうが心配ですね。

 

敏感肌の私達はどんな日焼け止めクリームを使えばイイの?
という疑問がある方は、次のページをご覧ください。

 

肌荒れ・ニキビのリスクが低いお薦めの日焼け止めクリームはこれだ!