敏感肌 紫外線対策 化粧品

敏感肌の方が紫外線対策に悩む理由は適した化粧品が見つからないこと

1年を通して女性を悩ませる紫外線、特に8月前後は紫外線の強さもピークに近づくため、紫外線対策を念入りにしている方も多いはず。外出時には日焼け止めクリームを塗り、日傘を携帯する方も多いですよね。

 

でも、敏感肌の場合に悩むのは、日焼け止めクリームを塗ると肌が荒れる・・・。
ニキビのようなポツポツが出来たり、肌が赤く腫れたり、痒くなったり・・・、それだけで終わるのかと思いきや、顔に塗ったUVケアクリームを落とすためにクレンジングを使い、肌荒れを悪化させてしまう・・・。

 

敏感肌の方でそんな負のスパイラルに悩んでいる方は少なくありませんよね。

 

でも実は、敏感肌でも肌の状態に適した化粧品を選ぶことで、肌荒れを起こさずに紫外線による肌トラブルを防ぐことができるんですよ。そのためには、肌に負担を与える成分が使われていない日焼け止めクリームとクレンジング剤を選ぶこと。他にも服装や日傘による紫外線対策もありますが、今回は化粧品に絞って紹介していきますね。

 

敏感肌の方が日焼け止めクリームを選ぶ時に注意すべきポイント

 

SPFとPA

 

紫外線対策に必要な数値があることはご存知かと思います。SPFとPAのスコアはどの日焼け止めクリームにも記載されていますよね。SPFの数値は数字が高ければ高いほど、PAの+の数が多ければ多いほど、紫外線対策の効果は高くなると言われていますが、肌が弱く刺激に負けやすい方は、数値よりも他に注意しなければいけない部分があります。

 

日焼け止めクリームを落とすクレンジング剤にも注意

 

日焼け止めクリームを塗った後はクレンジング剤で落とす必要があります。落とさずにそのまま放置して一晩過ごしてしまうと、それも肌荒れの原因になります。敏感肌の方向けのUVケアクリーム等であれば肌トラブルのリスクは低くなりますが、やはりファンデーションなどの化粧品も併用している場合はメイクを落とし、適切なスキンケアをしておくに越したことはありませんからね。

 

まずは、SPFとPAについて詳しく解説していきますので、次のページへどうぞ。

 

>>SPFが高い日焼け止めは肌荒れの原因?