洗顔後 顔が赤くなる

クレンジング・洗顔料の洗浄力は強すぎませんか?

洗顔後に顔が赤くなってしまうのは、お使いのクレンジングや洗顔に使っているフォームや石鹸の洗浄力が大きな原因ね。またそれ以外にも最近はふき取りタイプのメイク落としシートが人気となり、肌を強くこすりながらメイクオフしていることも原因なのよ。

 

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料には、肌が健康な状態を維持するために必要な皮脂を過剰に取り除いてしまうの。取り除かれた皮脂の中には、肌を乾燥や刺激から守るバリア機能としても働く細胞間脂質のセラミドも含まれているからさあ大変。このセラミドが流出することで、外部の刺激から肌を守る力が弱まり、洗顔料などの刺激を受けて顔全体、あるいは頬など一部が赤く炎症を起こすことになるわけ。

 

ということは、ふき取りタイプのメイク落としシートなどは、肌の表面を擦ってお化粧を落としているわけですから、クレンジングなどよりも大きな負担を与えていることになるのね。

 

もし、今お使いのクレンジングや洗顔料が刺激の強いものであれば一旦使用を中止することが賢明な判断でしょう。そのうえで、肌への刺激が弱いクレンジングと肌のバリア機能を支える成分を配合した保湿化粧品を使うことも検討してみてね。

 

洗顔後に顔が赤くなる方にお奨めのクレンジングと洗顔料

 

学生さん、主婦の方、接客業に従事している方によってメイクの濃さは違いますが、ウォータープルーフタイプの化粧品でない限りは、洗浄力が弱めのクレンジングでも十分に落ちるのよ。むしろ、メイク落としの段階で全てのお化粧を落とす必要はないことも覚えておいてね。

 

そして、スーパーやコンビニで販売されている安価なタイプのクレンジングや洗顔料は、顔が赤く反応してしまう方のお肌とは相性が良くないケースが多いから今後は気を付けて。面倒でも、敏感肌用で肌のバリア機能を保護できるタイプのものを選ぶようにしましょう。

 

肌が健常なレベルに戻るまでの間は、少々面倒でもワンステップでメイクを落とせる、
D.U.O.クレンジングバームなどを使うようにしましょう。肌にも優しく、ナノセラミドも配合されているので肌のバリア機能が壊れてしまうリスクが非常に低いところが評価されています。

 

クレンジングor洗顔が終わった後は、敏感肌用の保湿化粧品でしっかりとケアしておけば、刺激に弱い肌でもしっかりとケアできるはずよ。