化粧水 沁みる

化粧水の刺激に負ける敏感肌には保湿成分セラミドで人工的にバリアを作ろう

化粧水を塗った時に沁みる場合、それは乾燥性敏感肌の特徴的な症状の一つです。
すでに刺激を感じるほど沁みる場合、おそらくは肌の乾燥も深刻なレベルになっている可能性が高いはず。アレルギーなどの深刻な症状を発症する前に早めの対処を始めましょう。

 

肌が健康的な状態に戻るまでの間、外部からの刺激物質が肌細胞の間に入り込まないように人工的なバリアを作る必要があります。その時に使われる主な成分はセラミドが有効とされています。

 

以前まではワセリンやクリームなど油分が主な成分であるものが保湿剤としてつかわれていました。ですが、最新の皮膚科学の研究によると、肌から水分などが失われるのは、角質層でセラミドなどの保湿成分が少なくなっていることが原因であることがわかっています。肌の潤いは皮脂などの油分で守られていると誤解されている方も多いのですが、肌を乾燥から守っているのは角質層にあるセラミドなどの保湿成分なのです。

 

早期の回復を目指すためにも、皮膚科医と相談しながら人工的に肌のバリア機能を構築するセラミドなどの保湿成分を採り入れることを検討してみましょう。

 

潤うタイプの洗顔料は保湿にはなりません

 

化粧水が沁みると悩む方が使う傾向にある洗顔料に油分を含むタイプがありますが、実は逆効果になりかねません。潤うタイプの洗顔料の実態は肌の表面を油分でコーティングすることによってしっとり感を出しているのです。油分で膜を張られてしまうと、洗顔後の肌に塗布する化粧水に含まれている保湿成分が角質層に浸透しなくなってしまいます

 

上述したとおり、敏感になってしまった肌を改善させるには保湿成分を補充することが重要です。なるべくしっとりタイプの洗顔料ではなく、シンプルな洗顔石鹸を使うことをお奨めします。

 

お肌の潤いを保つのは細胞間脂質などの保湿成分であり、油分が足りないことで乾燥するのではないことを覚えておいてくださいね。

 

小林製薬ヒフミドの洗顔石鹸も試せるトライアル登場!

 

保湿成分セラミドを含むタイプの洗顔ソープ。洗浄時にもセラミドを与えながら顔の余分な汚れや皮脂を洗い落とす石鹸です。

 

泡を漱ぐ時に石鹸に配合されていたセラミドのおかげで、肌のバリア機能を損なうことなくお肌のお手入れができる。

 

泡立てネットがなくてもクリーミーな泡が出来上がるので、洗顔時の肌の摩擦を避けたい方にもお奨め。100%植物性の石鹸素地なのもうれしい。

敏感肌専門ブランド・ディセンシア『つつむ』からトライアル登場!

クッション性の高い弾力ある泡が特徴的な洗顔石鹸。保湿成分を落としすぎる洗顔フォームとは違い、適量となる洗浄成分になりやすいためセラミドなどの保湿成分の流出を最小限に抑えるやさしいタイプの洗顔石鹸。

 

角質層を保護する成分も配合しているので、肌がカサカサになった方、化粧水が沁みると悩む敏感肌の方にも人気が高いようです。

 

洗顔石鹸だけよりも、ライン使い推奨のブランドです。