保水力の高い化粧水

保水力の高い化粧水で注目すべき2つの成分

保水力の高い化粧水について

お肌の保水力を高める化粧水で特に効果が高いと評価されている2つの成分があります。その成分とは、ヒト型セラミドとライスパワーno.11と呼ばれる保湿成分。乾燥肌や敏感肌などのスキントラブルに悩まれている方なら一度は聞いたことがあるかもしれませんね。

 

どちらも優れた保水作用をもっていますが、その保水力を生み出すプロセスが多少違っています。

 

ヒト型セラミドは間違ったスキンケアや加齢で足りなくなってしまったセラミドを化粧水やゲルなどで外部から補充することによって、肌の保水力を高める成分。

 

それに対し、ライスパワーno.11は肌が本来持っている『自ら潤うチカラ』を活性化させることによって保水力を高める成分で、こちらは厚生労働省から「皮膚水分保持能の改善」効果を認可された有効成分でもあります。

 

どちらが適しているかは使う人の肌の状況によりますが、基本的は乾燥肌などを根本的に解決したい方ならライスパワーno.11、今すぐ保水力と保湿力を維持しておきたいのならヒト型セラミドというふうに検討しておくといいでしょう。

 

この2大成分が配合されている化粧水を選べば、高い保水力を充分に期待することができます。

 

ただし、問題は一般のお店では販売されていないという欠点がございます。セラミドを含む化粧水は一般のお店でも見かけますが、疑似セラミドであったり、配合量が少なすぎたり、他の成分を組み合わせて偽の潤いで誤魔化している化粧水もあるので要注意です。

 

皮膚科医でありスキンケアの本を多数書かれている吉木伸子先生は、ご自身の著書で価格的には3000円以上のものを選ぶことを奨めています。参照:「スキンケアの新ルール」P89、著者:吉木伸子、出版社:アスペクト

 

 

自活保水力を育てるオールインワンゲル リ・ダーマラボ