セラミドとはいったいなんだ?

色んなセラミドの種類と効果について紹介するよ

セラミドとは現在一番保湿作用に優れていると有力視されている成分。でも、一言でセラミドといっても実は疑似成分だったり動物由来であったりと種類も様々。実は期待できる効果の面でも少しずつ違っているんですね。

 

今回はそんな数ある中から、保湿化粧品に使われる代表的なセラミドの種類と効果について解説していきますね。

 

ヒト型セラミドとは
私達の肌細胞にもともと備わっている天然の細胞間脂質と酷似した構造をもつ成分。各化粧品会社によって表記方法に違いがあり、セラミド1や2といった数字がついた記載方法を用いているメーカーもある。数字がついた種類のものも高い保湿効果があるとされています。ナノ化された種類のセラミドはさらに浸透性も高いと言われています。ヒフミドやディセンシアなどに採用されている。
馬セラミドとは
馬から抽出した種類のもので、成分の表記には『ウマスフィンゴ脂質』と記載されている場合が多い。保湿効果は高いとされていますが、馬のどの器官から抽出されたのかが明記されていないことが多く、安全性に疑問を持つ方も多い。管理人の経験では安全性には問題なく刺激も低いと思えますが、保湿効果はヒト型などの天然の種類に比べると若干劣る感あり。楽天市場等で販売されるセラミドの原液タイプの美容液に多い。
植物セラミドとは
米ぬかなどから抽出される種類のもので、表記上は『コメヌカスフィンゴ糖脂質』などと記載されていることが多い。植物性で肌にも優しく安全性も高いとされていますが、植物に特定のアレルギーをもっている方にはあまり使われていないようです。保湿効果は高めですが、現在はあまり使われなくなってきている。
ミルクセラミドとは
この種類のものはミルクに含まれるものでスフィンゴミエリンの別名をもっています。主にサプリメントに使われる原料のため、保湿化粧品には配合されいません。経口摂取による肌のバリア機能のサポート効果が報告されているようですが、当サイトの考えでは経口摂取ではそのままの形で吸収されないため、お奨めしていないタイプ

 

第一候補はヒト型セラミド!その理由とは

 

敏感肌や乾燥肌の方が選びたい第一の候補としては、やはりヒト型がお奨めです。期待できる様々な効果の面と安全性においても、専門家の意見が一致しているのがヒト型と明記された種類のもの。今後はもっと期待大の保湿成分が見つかる可能性はありますが、現時点ではまず最有力の成分として検討してみるといいでしょう。

 

関連ページ

セラミドVSヒアルロン酸【保湿効果が高いのはどっち?】
セラミドとヒアルロン酸の保湿効果について解説しています。どちらのほうが高いレベルで保湿してくれるのか、敏感肌や乾燥肌の方は知っておかなきゃ損な情報ですよ。