セラミドとヒアルロン酸はどっちがいいのか

セラミドは外側、ヒアルロン酸は内側からケアが基本!でも実は・・・

最近になって一般のドラッグストアでも取り扱われるようになってきたセラミドやヒアルロン酸は、高保湿成分として知られていますが、実は作用する場所が違うのをご存じですか?

 

いきなり結論を言ってしまいますが、セラミドは肌の外側の保湿性を高める作用が期待でき、ヒアルロン酸は角質層内部で水分を抱え、内側からの保湿性を高める作用が期待できる点で少し違っているのです。

 

というわけで、どちらの成分のほうが高い保湿性が見込める・・・、といった表現はあまり意味がありません。インターネット状では、肌のバリア機能を高めるためにもセラミドを選んだほうが良いという説が紹介されていたり、ヒアルロン酸で角質層の水分量を内部からケアしていったほうが良いと言われたりしています。

 

でもこれは、これは肌の状況によって選ぶべき成分が違うはずであって、正しい情報とはいえません。

 

セラミドが最有力と言われる理由

 

このように、セラミドVSヒアルロン酸の論争は続いているのですが、美容皮膚科医などの専門家の間ではセラミドを最有力としています。理由は、肌の一番外側の細胞間脂質が十分に存在していれば、角質層全体の水分が蒸発などによって損なわれる可能性は低くなるからです。

 

ヒアルロン酸には角質層内部で高い保水作用をもっていますが、肌の外側の細胞が乾燥によってめくれ上がっている状態では、やはり水分の蒸発などは防ぎきれないようです。例え内部で水分を抱え込む作用が強くても、細胞間同士がしっかりと繋がることでフタをしておかなければ、水分は少しずつでも蒸発してしまうわけです。

 

水風船を想像してみるとわかりやすいでしょうか。
ゴムの内部ではたっぷりの水で膨らんでいますが、所々に細かい穴が開いていれば、そこから水が流出していき、風船は萎んでいき、ハリをうしない所々にしわがでてきますよね。極端な例ですが、肌も似たような形で水分が少なくなり、肌の乾燥が進んでいくというわけです。

 

セラミドは、一番外側の細胞間同士を繋ぎあわせ、しっかりとフタをするような形で角質層の水分蒸発を防ぐ作用があるとされています。しかも、湿度がゼロの環境でもしっかりと肌を保護する強力な作用があるともされています。だからこそ、今でもセラミドが最有力とされ、様々な敏感肌用や乾燥肌用の保湿化粧品に配合されているというわけですね。

 

そういうわけで、まず肌の乾燥が進み、敏感肌にまでなっている方が選ぶべき日常の保湿ケア成分としては、まず第一候補にセラミドを選ぶようにすることが推奨されています。

 

関連ページ

セラミドとは 種類と効果を解説
セラミドとは何か?保湿化粧品に使われるセラミドの種類と効果について解説しています。