保湿成分の疑問と回答

保湿成分は様々、成分の細かな違いなどはここで解消!

肌トラブルを抱えていて、保湿化粧品を選ぶとき、どんな成分が配合されているかを気にする方は多いことでしょう。保湿と一言でいっても、実は作用する個所やメカニズムがそれぞれに違っているために、期待したような結果が得られないことも多いのが現状です。

 

さて、一昔前にはコラーゲンやプラセンタなどを配合した化粧水や美容液が主流でした。それがいまではセラミドやヒアルロン酸、さらには、自前の保湿因子の分泌を促すライスパワーエキスなどの成分まで登場してきました。このような進化を見ると、最新の成分を使いたくなるのが心理だと思います。

 

ですが、セラミド一つを例に挙げても、ヒト型や合成といった違いがありますし、ヒアルロン酸にもヒドロキシプロピルセルロースなどの種類があります。しかも、同じ種類の成分であっても働き方や期待できるレベルまでもが変わってしまうのですね。

 

でも、その成分ごとの細かい違いを知っておけば、保湿化粧品を選ぶときに、「今の肌の状態ではこの化粧品は使わないほうがいいかも・・・」といった判断ができるようになります。また、友人や家族の方が肌トラブルに悩んだとき、お奨めの保湿化粧品としてどんなものを選べばいいのかをアドバイスできるようにもなるはずです。

 

このカテゴリでは、肌のお手入れ時に使われる保湿成分にまつわる様々な疑問と回答を公開していきます。ご自身のお肌を健康な状態に保つため、知り合いの方にもアドバイスできるようになるためにも、どうぞ保湿化粧品を選ぶ時の参考にしていただければと思います。

 

保湿成分についてのQ&A記事一覧

セラミドVSヒアルロン酸【保湿効果が高いのはどっち?】

最近になって一般のドラッグストアでも取り扱われるようになってきたセラミドやヒアルロン酸は、高保湿成分として知られていますが、実は作用する場所が違うのをご存じですか?いきなり結論を言ってしまいますが、セラミドは肌の外側の保湿性を高める作用が期待でき、ヒアルロン酸は角質層内部で水分を抱え、内側からの保湿...

≫続きを読む

 

セラミドとは 種類と効果を解説

セラミドとは現在一番保湿作用に優れていると有力視されている成分。でも、一言でセラミドといっても実は疑似成分だったり動物由来であったりと種類も様々。実は期待できる効果の面でも少しずつ違っているんですね。今回はそんな数ある中から、保湿化粧品に使われる代表的なセラミドの種類と効果について解説していきますね...

≫続きを読む