顔の皮がむける 乾燥

顔の皮がむける原因はセラミド不足!スキンケア方法を見直そう

最近では若い女の子にまで、顔の皮がむけるなどの症状に悩む方が増えているのはご存じよね。場合によっては頬が痒くなったり湿疹などの疾患を経験している方もいるほどだから相当辛いんじゃないかしら。

 

原因は、スキンケアの方法や使用している化粧品との相性が悪いこと。また、食生活を含めた生活習慣の乱れも少なからず影響しているの。特にクレンジングや洗顔で肌を傷めるなど、過剰なスキンケアを続けてきたことは大きな問題があるのよ。

 

はこんなクレンジングをしているなら今すぐ止めて!

  • 合成界面活性剤が多く含まれるクレンジングオイル
  • 濃い目のメイクを擦るようにしてメイク落とし
  • 洗顔料も強い洗浄力をもっている

 

これらの過剰なスキンケアは、肌の健康を保つために重要な働きを担っている細胞間脂質の仲間、セラミドやMNF(アミノ酸・乳酸塩・タンパク質)を流出させてしまうの。細胞間脂質が損なわれた肌細胞は水分が足りないためにめくれ上がった状態となり、顔の皮がむけた状態となってしまったわけ。

 

 

 

ここからは良く聞いてね。

 

 

 

 

顔の皮剥けを改善させるために重要なことは、数日の間メイクや洗顔を一時的に止めること。この間はぬるま湯だけの洗浄だけに留めて、セラミドなどの保湿因子が回復してくるのを待ちましょう。過剰に洗浄することを止めるだけでも肌の潤いもツヤやキメもある程度は回復してくるものなのよ。


 

仕事(アルバイト)や学校、デートなどでメイクを止めることができないなら、少なくとも今使っているファンデーションなどは刺激の少ないものに変え、クレンジングや洗顔後のお手入れには、セラミド配合の保湿化粧品を選んだほうがいいわね。

 

肌のバリア機能は早めに回復させるべき理由

 

肌のバリア機能が著しく低下している状態は、外部からの異物の侵入を簡単に許してしまう危険な状態なの。顔の皮がむけている状態というのは、一つ一つの肌細胞がめくれている状態。その大きくなった肌細胞の隙間から、ホコリやダニなどのアレルギーを引き起こす異物が侵入し、取り返しのつかない皮膚疾患を招きかねないわ。

 

乾燥肌や敏感肌の症状が出ているとき、既に肌のバリア機能は著しく低下しているはずよ。なるべく早期の回復を検討し、早めの対策を検討してね。

 

顔の皮剥けを克服できた女子がお奨めしているセラミド化粧品を教えるね

 

 

小林製薬・ヒフミド ディセンシア・つつむ セラミディアルモイスチャー

 

 

バリア機能をサポートする作用が高いと評判のヒト型天然セラミドU配合の保湿化粧品。

 

 

敏感肌専門の化粧品ブランドとして人気のディセンシアが開発した保湿化粧品。ヒト型ナノセラミドに注目!

 

ヒト型セラミド4種配合の保湿化粧品。肌の専門家が開発に携わった信頼性の高いブランド。