肌を乾燥させない洗顔時のお湯の温度

水よりも若干高めの温度が適温!そのシンプルな理由とは

 

洗顔の時に使うお湯の温度を熱めに設定している方って意外に多いですよね。
でも実は37度を超える温度のお湯で顔や体を洗うと、皮脂は簡単に洗い流されてしまいます。肌のバリア機能を損なわない程度の皮脂流出なら特に問題ないのだけど、37度以上のお湯では意外にも角質層の皮脂までをも洗い流してしまうと言われています。


 

私自身も、乾燥性敏感肌になっていた時は毎日のようにお湯で洗顔してたし、入浴時にはシャンプーの後のながれで、その時の温度のまま顔を洗ってました。朝の洗顔後は顔が火照った状態で、モワ〜っとした湯気もでるほど。多分、この温度で皮脂が流れ、肌の水分も蒸発していたのでしょうね。

 

このことを皮膚科の先生に告げると、「今すぐその洗顔方法は止めなさい!」って眉間にしわを寄せ、首を横に振りながら厳しく言われちゃった経験があります。先生曰く、37度を超えるお湯は、表皮の皮脂だけではなく角質層で肌を保護してくれている皮脂までをも洗い流してしまうそうです。

 

角質層にある皮脂が少なくなると、肌の表面を皮脂膜で覆うことができなくなってしまい、結果的に肌の水分の蒸発を防ぐことができなくなり、肌の乾燥から敏感肌へと進んでいくんだそうです。

 

そして、その先生から言われたお湯の温度が、「水よりも少し温度が高めのぬるま湯で洗うこと!具体的には37度の設定にして水でさらにすこしだけ温度を下げた時のぬるま湯にすること」でした。その後、私も乾燥性敏感肌用の石鹸と、保湿化粧品でケアするようになってから、徐々に肌の乾燥も、痒みも軽減されてくるのを感じました。
※この時使っていたのがヒフミドだったと記憶しています。

 

軽度の乾燥肌であれば、お湯の温度を変えるだけで敏感肌も防げる

 

これも、お医者様の受け売りになるけど、軽度の乾燥肌であればお湯の温度を低めに設定するだけで肌の乾燥を防ぐことができるのだそうです。さらに、メイクをしなかった日であれば、石鹸なしの水洗顔だけでも肌を清潔に保ちながら健康な肌へと導くことができるのだそうです。

 

ただ、乾燥性敏感肌にまで至ってしまった場合には、やはりお湯の温度とセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分でしっかりとケアすることが大事とのこと。乾燥にも刺激にも負けない健常肌に少しずつ近づいていくためにも、温度設定と質の高い保湿成分で肌を保護することを忘れずに!

 

 

 

関連ページ

肌質に合わない洗顔料を使っている
肌質に合わない洗顔料が敏感肌の原因になることは有名な情報ですが、意外に知られていない理由について解説しています。
肌の摩擦も原因のひとつ
肌の摩擦は敏感肌になってしまう原因のひとつです。日常で認識している場面から意外に知られていない場面での肌の摩擦について解説しています。
保湿のベストタイミングと選ぶべき保湿成分
保湿のベストタイミングを捉えると、乾燥によるつっぱりや肌の痒みなどをかなりの割合で緩和できるようになります。保湿成分にも気を配ると、より良い改善をサポートできますよ。
乳液をメインに保湿化粧品を選ぶ合理的な理由
乳液をメインに保湿化粧品を選ぶ理由について解説しています。なぜ化粧水や美容液ではなく乳液をメインにするのか・・・、疑問に思う方必見ですよ。
唇がガサガサに乾くのは脱水状態のサイン!
唇がガサガサに乾くのは脱水状態になっている前触れ。放置による乾燥性敏感肌を防ぐための簡単なコツを紹介しています。