乳液をメインに選ぶ理由

乾燥性敏感肌用スキンケアの基本は油分でフタ!

もし、なんらかの理由で保湿化粧品を一つのアイテムだけに絞らなければならないとしたら、あなたなら化粧水・美容液・乳液などのうち、どのアイテムを選ぶでしょうか?

 

もし私が同じ立場になった場合、第一に選びたいのは乳液です。
スキンケアの基本として、肌がしっとりしているうちに油分でフタをするという考え方があります。これは、まさにその通りで、水をベースに作られている化粧水や美容液などは、肌に与えても時間の経過と共に水分が蒸発していきます。
※セラミド系のローションやエッセンスの場合は問題なしと言われています。

 

油分で表皮を覆うようにパックしてしまえば、肌の水分が蒸発してしまうリスクを最小限に抑えることができるわけです。肌が極度の乾燥状態や過敏状態になっていない限りは、化粧水や美容液をすっ飛ばして乳液を適度につけておけば、肌の乾燥が進行することを防げるということです。

 

乳液(クリーム)のメリットは長時間続く保湿効果

 

乾燥性敏感肌の方は、化粧水や美容液だけではあまり保湿効果を実感できない場合があります。これは、先ほど説明したように、化粧水や美容液が水ベースで作られているためです。例えバシャバシャと角質層への浸透を狙って多めの化粧水をパッティングして塗布しても、時間とともに肌の体温や乾燥した外気によって水分が逃げてしまうんですね。

 

化粧水や美容液は塗布した直後はしっとりしてモチモチっとした感触が出ますが、やはり水ベースで作られている以上はそのモチモチ感を長時間維持することが難しいのが現実です。

 

乳液は化粧水などとちがい、肌馴染みが良いのも肌の水分を長時間保持できる大きな理由です。お風呂に入ったときのことを思い出してください。シャワーの水などは皮膚上で弾き決して内部に浸透していきません。ですが、油分は長時間皮膚上にとどまりますよね。

 

私達が分泌している皮脂も乳液の油分も似たような作用で長時間皮膚上にとどまることができるため、保湿効果も長く続くわけです。

 

化粧水も乳液もメインの保湿成分は同じです

 

化粧水に含まれている保湿成分は、乳液にもちゃんと配合されています。同じブランドの保湿化粧品をラインで使っている方は、ぜひ全成分表をご覧になってください。若干の違いはあるものの、メインに使われている保湿成分は同じであることがわかるはず。

 

もし、その乳液にセラミド系の保湿成分が含まれているのであれば、今後はそのブランドの乳液一本でいけるかもしれませんね。

 

ちなみに、化粧水に質の良いセラミドが使われている場合は、乳液にこだわる必要はありません。セラミドには水分を保持する強力な水分保持作用がありますので、極論を言えばセラミド入りローションのみでもOKでしょう。各ブランドのお試しセットなどを使ってみて、その保湿力を比較してみれば、このページで言わんとしていることがわかっていただけるかもしれませんね。

関連ページ

肌質に合わない洗顔料を使っている
肌質に合わない洗顔料が敏感肌の原因になることは有名な情報ですが、意外に知られていない理由について解説しています。
肌の摩擦も原因のひとつ
肌の摩擦は敏感肌になってしまう原因のひとつです。日常で認識している場面から意外に知られていない場面での肌の摩擦について解説しています。
洗顔で使うお湯の温度はぬるま湯よりも低めで!
洗顔の時に使う水の温度をぬるま湯よりも低めに設定する必要性と理由を解説しています。乾燥もへっちゃら、刺激にも負けない肌にしていきましょう。
保湿のベストタイミングと選ぶべき保湿成分
保湿のベストタイミングを捉えると、乾燥によるつっぱりや肌の痒みなどをかなりの割合で緩和できるようになります。保湿成分にも気を配ると、より良い改善をサポートできますよ。
唇がガサガサに乾くのは脱水状態のサイン!
唇がガサガサに乾くのは脱水状態になっている前触れ。放置による乾燥性敏感肌を防ぐための簡単なコツを紹介しています。