保湿のベストタイミング

洗顔後は必須!改善結果を左右する保湿のベストなタイミングとは

保湿のタイミングとして最も良いと言われているのが洗顔の直後。これって本当だと思いますか?
私自身、皮膚科の先生と相談して敏感肌を改善していくためのケアをやっていて気づいたことだけど、洗顔直後のタイミングで保湿することは基本中の基本であって、実はそれ以外にもケアしておくべきタイミングがあるんです。

 

それは外出前と外出後。
外に出ると、どの季節でも紫外線の脅威があるし、秋や冬なら空気が乾燥している。基本的には、質の良い保湿成分が細胞間を埋め尽くしていれば乾燥自体は防げるのだけど、紫外線や外からあたる乾いた空気による刺激って意外に盲点になっています。

 

乾燥性敏感肌の場合、肌の乾燥だけを防ぐのではなく刺激となる要因への対策も必要というわけです。だからこそ、外出前後のタイミングで軽めに保湿して、紫外線や乾いた空気が直接肌に当たった時の刺激から保護しておかないといけないわけです。

 

ちなみに、セラミドなどの保湿成分であれば湿度がゼロの環境でも肌の水分を保てるうえ、肌のバリア機能としても活躍してくれるので、セラミド系の保湿化粧品を使っている場合は、洗顔や入浴直後のタイミングだけで基本的には大丈夫のようです。

 

この保湿成分さえあれば他は要らない!最も有力視されている成分とは

 

ズバリ!セラミド・・・・、もう先ほどの保湿のベストタイミングのところでも出ましたね。
肌が乾燥したりしわがでたり、刺激に過敏になってしまう大きな要因は、肌の水分不足とバリア機能の低下。これを一言でいうと乾燥肌の放置と言い換えることができます。

 

セラミドは角質層の細胞間にあるNMFなどの保湿成分の仲間のなかでも、もっとも保湿力が高く、湿度がゼロの環境下に晒されても肌の水分をしっかりと保つことができる。さらに、肌のバリア機能としても大活躍してくれる優等生的な成分。

 

敏感肌の場合は特に外部からの刺激から皮膚を保護するためにも重宝する成分ですね。

 

最近では、ワセリンを処方していた皮膚科医の間でもセラミド入りのクリームを処方する先生も増えていると言われています。それほど優秀さが伝わりはじめているのかもしれませんね。

 

【関連ページ】

 

保水力の高い化粧水 | 乾燥性敏感肌を克服した方が選ぶ化粧水はこれ

 

肌のバリア機能を短期で高める化粧品を探してるならこれよ!

 

関連ページ

肌質に合わない洗顔料を使っている
肌質に合わない洗顔料が敏感肌の原因になることは有名な情報ですが、意外に知られていない理由について解説しています。
肌の摩擦も原因のひとつ
肌の摩擦は敏感肌になってしまう原因のひとつです。日常で認識している場面から意外に知られていない場面での肌の摩擦について解説しています。
洗顔で使うお湯の温度はぬるま湯よりも低めで!
洗顔の時に使う水の温度をぬるま湯よりも低めに設定する必要性と理由を解説しています。乾燥もへっちゃら、刺激にも負けない肌にしていきましょう。
乳液をメインに保湿化粧品を選ぶ合理的な理由
乳液をメインに保湿化粧品を選ぶ理由について解説しています。なぜ化粧水や美容液ではなく乳液をメインにするのか・・・、疑問に思う方必見ですよ。
唇がガサガサに乾くのは脱水状態のサイン!
唇がガサガサに乾くのは脱水状態になっている前触れ。放置による乾燥性敏感肌を防ぐための簡単なコツを紹介しています。